×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

履歴書に書く志望動機

履歴書に書く志望動機について

メニュー| 就職や転職に役立つ資格 | 資格に関して | 求職情報 |

資格に関して

資格に関して

転職サイトなんかでよく資格のことに言及されたりしていますね。まあ資格に関してはそれほど心配することはないようです。資格があるに越したことはありませんけど。

まあ中には資格がなければ出来ない仕事もありますけどね。弁護士とか医師とか。でもそういうのを別にすれば、資格さえ持っていれば必ず仕事が手に入るというわけじゃありませんし、資格を持っていなければ仕事がないなんてこともありません。資格があれば仕事上有利になることは確かですけど、それがすべてではありません。

資格といってもいろいろありますしね〜。場合によるんでしょうね。

アメリカではMBAを持っているだけで給料が他より高くなったりするそうですが、日本ではどうなのでしょう?学歴もあまり効果がなくなりましたし、資格もそうかもしれません。何を持つかより何ができるかなのでしょうね。

転職する場合は企業とのマッチングが大事になってきます。相手企業が求めている人材の基準と自分が適合しているかどうかということですね。

求人をしている会社は採用基準を決めてきている場合がほとんどです。こんな能力が欲しい。こんな経験が欲しい。こんなスキルが欲しい。こんな人柄が欲しい。という具合に。まあ優先順位があるでしょうけど。

履歴書や職務経歴書を提出して書類審査をしてもらっている時というよりも、むしろ、応募を検討している段階で、企業側が何を求めているのか、どんな人材を採しているのかということをきちんと理解できるかどうかがその後の転職活動の大きなキーになります。勝負は、履歴書を書き始める前についていることも多いのでここはかならずチェックしましょう。

求人広告に出ている募集要項では情報は少ないとはいえ、まずはこの募集要項をしっかりみてみるべきでしょうね。そうするといろいろ疑問がわいてくるでしょうから、それをネットで調べてみる。それでもわからなければ採用担当者にメールや電話で質問してみるのがいいでしょう。それだけで一歩抜きん出ることができそうです。

企業のほうはというと履歴書や職務経歴書を見てあなたの情報を分析するわけですね。おそらく審査基準ができているでしょうからそれにあわせてチェックしていくのでしょう。企業によって履歴書や職務経歴書の何を重視するかは違ってくるのでしょうけどね。

企業が重視するであろうポイントを履歴書や職務経歴書がクリアしていれば書類選考は通ります。転職となると履歴書や職務経歴書というものが非常に大きなウェイトをしめます。転職活動では書類選考が最大の難関でしょうが逆の見方をすれば、書類選考を突破することで転職活動はまずまず成功したといえることでしょう。

最後に就職・転職についてまとめてみることにします。

就職や転職に必要なのはまずは情報収集ですね。最初に自分に関する情報をいろいろ整理してみる。それから就職したい業界や業種、職種、そして企業について情報収集してみる。その過程で次第にどんな会社どんな職場に就職・転職すればいいか、イメージが出来上がってくるのだと思います。それが成功する就職・転職活動の第一歩かと思われます。

[PR]ダイエット 体験記FX 比較